酵素ドリンクと酵素サプリならどっちがオススメ?



酵素は私達の体の中で、食物の消化や吸収を助けるほか、心臓を動かす、呼吸をするといった生命活動を司る重要な栄養素です。 酵素は体の中でも生成されていますが、ドリンクやサプリとして外から摂取することによって、基礎代謝や消化吸収能力を高めることができると言われています。

ファスティングにも取り入れられることの多い酵素にはドリンクとサプリがありますが、これらに違いはあるのでしょうか? ファスティングに取り入れるには、酵素ドリンクと酵素サプリのどちらのタイプが良いのでしょうか?

酵素ドリンクのメリット・デメリット

酵素ドリンクは、清涼飲料水としてさまざまなメーカーから販売されています。酵素ドリンクは液体のため体内への吸収が速く、手軽に酵素を補給することができます。 自宅で飲むのであれば、水や炭酸水、ジュースなどで割ることもできるので、味に変化がつけやすく、飽きずに飲み続けることができるでしょう。

しかし、職場などに持ち運ぶには少し不便かもしれません。ペットボトルに水や炭酸水で割った酵素ドリンクを入れて持ち運ぶなどのアイディアもあるようですが、衛生面での注意が必要です。

また、酵素ドリンクは酵素サプリに比べると値段が割高なことが多いようです。酵素の効果を実感するにはある程度の期間継続して酵素を飲むことが必要なため、予算との兼ね合いもでてきます。

さらに、酵素ドリンクは清涼飲料水のため、熱処理されているという点にも注意しましょう。一般的に酵素は熱に弱いとされていて、熱によって不活性化、つまり死滅してしまう酵素もあります。 しかし、酵素ドリンクには、酵母菌や発酵エキスなどが含まれている物もあり、体内での酵素の生成を助け、結果として酵素を増やすことができるものもあります。 そして、これら酵母菌や発酵エキスは酵素に比べて熱に強いため、熱処理をした酵素ドリンクでも問題はないでしょう。

また、もう一つのデメリットとして酵素ドリンクの中には独特の味や風味のあるものがあります。 多少は水や自分の好きな飲み物で割ることで気にならなくなりますが、どうしても苦手な場合には味のない酵素サプリの方が飲みやすいでしょう。

>>酵素飲料 人気ランキングはこちら

酵素サプリのメリット・デメリット

酵素サプリは、錠剤やカプセルのため、どこにでも持ち運びしやすいのが特徴です。 毎日の食事で野菜不足を補うために酵素を取り入れたい場合などには、酵素サプリのほうが、外食のときにも飲みやすいでしょう。

酵素サプリは固形物のため、吸収には酵素ドリンクよりも時間がかかります。 そのため、継続して飲み続けることでより効果を実感しやすくなるでしょう。 値段は酵素ドリンクよりも割安のため、お財布に優しい点もメリットと言えます。長期的に飲み続けたい場合には助かりますね。

しかし、置き換えダイエットなどに利用したいという人には、満腹感が得にくいというデメリットがあります。 置き換えダイエットは、1食または2食を酵素ドリンクやスムージーなどに置き換えるダイエットです。 しかし、ここで酵素ドリンクの代わりに酵素サプリに置き換えると、錠剤だけでは栄養補給はできても満腹感が得にくく、ダイエットが辛いものになってしまいます。

さらに、酵素サプリには、錠剤やカプセルを飲むのが苦手な人には飲みにくいと言う欠点もあります。 しかし、一方で、酵素サプリは酵素ドリンクのように味がないことから、酵素ドリンクの味が苦手と言う人には飲みやすいとも言えるため、長期的に飲み続けたい人は、酵素ドリンクか酵素サプリの飲みやすい方を選ぶと良いでしょう。

また、先述のように酵素は熱に弱いため、低温製造している酵素サプリもあります。 飲みやすさや値段だけでなく、サプリの質に注目して選ぶことも大切ですね。



酵素ドリンクと酵素サプリの効果の違いは?



結論から言うと、酵素を補うという点では、酵素ドリンクと酵素サプリの効果には大きな違いはないと言えるでしょう。 なぜなら、どちらも体内にある酵素を増やす働きがあり、その酵素の働きによって消化や代謝が促進されるためです。

体内には大きく分けて、消化酵素と代謝酵素があります。消化酵素は、口から入った食べ物を分解、消化、吸収し、代謝酵素は食物によって得られたエネルギーをつかって、 心臓を動かしたり、呼吸をしたりといった生命活動を行うとともに、老廃物を体の外に排出する働きをしています。

これら2つの酵素はバランスが保たれていると同時に生成される優先順位があります。通常、体内の酵素が十分でないときには消化酵素が優先して生成されます。 したがって、代謝酵素が不足するため、基礎代謝が低くなります。また、風邪を引くなどして体調が悪くなると、私達の体は風邪の菌を体外に排出するために代謝酵素を作り出そうとします。 その結果、消化酵素が不足して食欲がなくなったり、お腹の調子が悪くなったりします。

このように、体の状態により酵素がどこに働くか、なにが優先されるかはかわってくるため、酵素ドリンクや酵素サプリの効果はいつも同じではありません。 しかし、強いて違いをあげるとするならば、酵素ドリンクには酵素サプリよりも即効性があると言えます。 ですから、ファスティングなど、短期間で結果を得たい場合には、酵素ドリンクの方が、効果があらわれやすいと言えるでしょう。

酵素ドリンクと酵素サプリはどっちがオススメ?

長期的に摂取することを考えるとあまり差のない酵素ドリンクと酵素サプリですが、目的によっては使い分ける必要があります。 例えば、半日〜3日間、水と酵素ドリンクのみで過ごすファスティングでは、酵素サプリではなく、酵素ドリンクを飲むことをおすすめします。

ファスティングの目的は、短期間食事を絶つことで胃腸の調子を整えたり、内臓を休ませたり、脂肪を燃焼させたりすることです。 ですから、栄養補給の目的であっても、固形物である酵素サプリを食べてしまうことによって胃腸は活動を開始し、それに伴って他の臓器も働き始めます。 これでは、断食によって胃腸をはじめとした臓器を休ませることができなくなってしまうため、酵素サプリではなく酵素ドリンクを飲むと良いでしょう。

また、酵素ドリンクは即効性があるため、半日〜3日間程度の短期間に体調を整える目的で飲むには、酵素サプリよりも適していると言えます。 一方、日常的に酵素を補給したい場合には、酵素ドリンクと酵素サプリの利便性を考えて使い分けるのも良いでしょう。 例えば、自宅では、なにで割るかによって味のバリエーションをつけやすく、食事の間にも飲みやすい酵素ドリンクを、外出の際には、持ち歩きに便利な酵素サプリを利用するのもいいでしょう。



一口に酵素と言っても、酵素にはさまざまな種類があり、一つの酵素には一つの働きしかありません。 ですから、ドリンクかサプリかといった形状だけでなく、自分に合った酵素を見るけることも大切です。

まとめ

酵素ドリンクと酵素サプリは、酵素を補給するという意味では同じように利用することができますが、目的に合わせて使い分けることも必要です。

ファスティングの際には、胃腸やその他の臓器を休ませるために、酵素サプリではなく酵素ドリンクを飲むようにしましょう。 酵素ドリンクは酵素サプリより即効性があります。ですから、短期間に効果を得たい場合には酵素ドリンクを、長期にわたって酵素を補給し続けたい場合には、経済的な酵素サプリを利用しても良いでしょう。

酵素は、消化吸収や生命活動の維持、代謝などに関わる重要な栄養素のひとつです。不足しないように食生活を見直すとともに、酵素ドリンクや酵素サプリも上手に取り入れて、健康維持に役立てたいものですね。




<関連ページ>

そもそも酵素とは?代謝酵素・消化酵素・食物酵素はどんな働きをする?
酵素ドリンクはいつ飲むのが効果的?食前?食後?飲むタイミングを解説



>>酵素飲料 人気ランキングはこちら

ページのトップへ▲

ファスティングの知識
ファスティングの準備期間・復食期間の食事のポイント
ファスティング1日目・2日目・3日目の過ごし方や体調変化は?好転反応とは?
半日ファスティング・1日間ファスティングからまずは気軽に始めてみる
ファスティング時に飲んでいい飲み物・飲んではいけない飲み物
ファスティングダイエットで何キロ痩せることができるのか?
ファスティングに適したタイミングとは?いつ始める?
ホテル・断食道場・施設でファスティングするメリットとは?
正月太りのリセットに向いているファスティングダイエット
ファスティングの資格の種類は?それぞれの資格の特徴は?
ジュースクレンズの効果・正しい方法は?ファスティングとの違いは?
味噌汁ファスティングの効果・作り方は?具なし味噌汁でダイエット?
39才男のファスティング口コミ体験談
運営者情報
酵素の知識
そもそも酵素とは?代謝酵素・消化酵素・食物酵素はどんな働きをする?
酵素ドリンクはいつ飲むのが効果的?食前?食後?飲むタイミングを解説
酵素ドリンクと酵素サプリならどっちがオススメ?効果に違いがあるの?
おすすめ酵素ドリンク
ベルタ酵素ドリンク
クレンジング酵素
優光泉(ゆうこうせん)
みらいのこうそ
酵水素328選
お嬢様酵素
エッセンシア酵素ドリンク
MREビオス
ファストザイム
ビオベリーファースト
その他おすすめ商品
プロテインスムージー「ファスタナ(FASTANA)」
「ラ・クレンズ」で朝ファスティング?
酵素サプリ「スルスルこうそ」
夜だけ美容断食?「kooミニボトルセット」